FC2ブログ

デブが好き

ウケデブさんと、いろんなところで交尾した記録を気ままに綴っています。誹謗中傷はご遠慮ください。

深夜の24

雨なんで客は少ないかと思っていたが、土曜の夜なんで我慢出来ずに行ってしまいました。案の定いつもより少なめ。デブも見当たらない。わかってはいたが徘徊してデブを探した。深夜1時くらいに、デブの部屋で、ややデブが普通に掘られていた。この二人はカップルのようだ。デブは周りを煽りながらほかのたちのちんぽをしゃぶったりしたが、結局相方がケツを掘った。最後は、激しくついて種付けしたのがわかった。たちは抜いたちんぽをティッシュで拭いていたし、デブはそのまま風呂降りて行った。それからしばらく徘徊するも大デブはいない。ふとデブの部屋の右を見ると、100キロくらいのデブが寝ている。ガウンの裾からはケツが見えている。だめもとで、そっとデブのケツに触れるが反応はない。ゆっくり舌を這わせるが反応はない。徐々に大胆になり、ケツ穴をなめまくった。それでもデブは寝ているので、俺はオイルを塗ってちんぽを入れた。ややキツマンだが、ゆっくりとちんぽはデブの穴に入っていった。ゆっくりと腰を振る。デブは振り返る。俺は乳首に舌を這わせ、ゆっくりをおっぱいをもんだ。あ~気持ちいい。デブの口から洩れる。俺はおっぱいを責めながら、腰を振った。段々を快感は増してきて、中に出してしまった。デブは拒否ることもせず俺の種を受けた。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
  1. 2017/05/15(月) 01:21:25|
  2. 発展場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

隣りのデブ

夜中、どうしても我慢出来なくて隣に寝ていたデブにちょっかい出してしまった。寝返りを打ちながらそっと触れてみる。デブは反応しない。更に寝ぼけた振りして、手を回してみる。デブは俯せで寝ている。微かに反応したか、手を回されたことに気づいたかも。でもまだ動かず寝ている。俺はゆっくり背中に乗せた手を下に移動させた。ガウンは着ているが、腰から下は捲ってケツ出している。手がガウンから腰の素肌へ、そしてケツに。ケツ肉の谷間を辿って穴にたどり着く。そこはヌルヌル。指を動かすといとも簡単に穴に入ってしまった。暖かい。デブは手で俺に掘れのサイン。なんだわかっていたのか!ケツ穴触った指の匂いを嗅いでみると明らかに種の匂いだ。これがたまらない。何発奴のケツには入っているんだ。俺は起き上がり、俯せしているデブのケツ壷にちんぽを入れた。巨でぶであることがよくわかり、デカイケツを掘ってる快感が伝わる。俺の突きに合わせてデブが泣く。そして俺はそのままデブの種壷のケツに中出しして種追加した。
  1. 2017/05/04(木) 00:34:15|
  2. 発展場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

群馬

遠出して群馬の銭湯にきました。これから閉店まで、明日はピラミッド温泉にも行こうかと。
  1. 2017/04/22(土) 22:23:33|
  2. 銭湯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

24

掲示板に書き込みして24に行った。土曜の夜。入る前に何人かのウケデブさんから返信もらい、期待に胸膨らませて入った。個室はほぼ満室。下足箱もかなり埋まっていた。人通り済ませて6階中心に徘徊すると明らかにいつもよりデブが多い。しかも結構絡んでいる。二段ベッドの上でやってたウケデブとホソタチのとこで暫くみていた。掘られてるデブの足を触ると触り返してくる。こいつは、複数やりやいんだなと思った。デブは体位を変えてホソタチを仰向けにして、今まで自分のケツに入っていたチンポをしゃぶりだした。しかもケツを通路に向けて。デブは頭を上下させながらケツをふる。目の前にはでかいケツと穴が丸見えだ。俺は穴に指を這わせるが反応はない。オイルを塗って指を入れるもデブはホソタチのチンポをしゃぶりまくる。穴はかなり締まりがよく指にまとわりつく。暫くたのしんだが、ホソタチが起き上がりデブを俯せにしてまたケツにぶちこんだ。こいつら生だ。体位を変えるがこのデブは横向きで掘られるのが好きなようだ。最後はバックから激しく掘ってホソタチは果てた。ホソタチはチンポを、デブは自分のケツ穴をティッシュで丁寧にふく仕草がなんか卑猥に見えた。暫く二人はイチャイチャしていたが、デブは梯をおり徘徊に出かけた。すぐに別の細を見つけてまた二段ベッドの上に上がった。隣があいていたんで俺もそこに横になった。お互いの口づけから始まりすぐさまデブは横を向いて細にケツを掘られ出した。隣にいる俺の方を向いて、後ろから細に掘られてるいる。なんか見せつけてるように声をだして悶える。そのうちデブはチンポを抜いて仰向けにねた。デブの腕が俺に触れる。デブはそーっと俺の体を触ってきた。手は体を探りながら俺のチンポにたどり着く。全裸に小タオルを腰にまいただけの俺のチンポは既にビンビンになっている。それをデブはゆっくり確かめる。チンポをしごいてさらにビンビンにしたデブは、途中でやめてまた細に抱きついた。あれ?と思ってデブをみると俺にケツを向けて細と抱きあっている。これはケツを掘っての合図か?

そっとデブのケツ穴を触るとトロトロした感じだ。俺はオイルをデブのケツ穴と自分のチンポに塗った。チンポを近づけて奴のケツに入れようとすると、デブは自分からケツ肉を開いてチンポを入れやすくした。チンポがにゅるりとデブの穴に入っていく。中は暖かくチンポに肉が絡み付く。デブは自分から腰をふる。凄い気持ちがいい。
びんびんのちんぽがデブのケツで出し入れされる。生なのに・・・その快感に耐えきれず俺は爆発してしまった。それでもデブは腰を動かす。デブのケツ穴はオイルと種でぐちょぐちょだ。そのうち俺がいったことを知り、デブはケツを振るのをやめた。俺はちんぽをぬいてぐったりした。

そのまま朝まで寝てしまった俺は、後悔しながらまた徘徊した。6階の奥の部屋では毛深いデブが4人のたちに囲まれて攻められていた。その周りをギャラリーが囲む。ちんぽが口にもケツにも入っている。そのうえ自分の乳首とちんんぽを攻めるやつがいる。すごい光景だ。ケツを掘っているたちは生堀。かなり激しく突くが、いきそうになる段階でデブが制止した。

二段ベッドの奥では、ケツ割れをしたデブが掘られていた。がちむちのちんぽをしゃぶりながら、すりむなタチが掘っている。かなり激しくケツをつき、デブも快感に泣きわめく。いくぞ、いいか、。。。
掘る奴の動きが高速ピストンのようになり、いったのがわかった。ケツからちんぽを抜いたので、穴を触るとそこはぐちょぐちょ、においは種のにおい。しっかり種付けされている。終わってすりむがどくと、後ろに待っていたがちがすぐさまケツにちんぽをぶち込んだ。もだえるデブ。その後、このがちと、しゃぶっていたタチにもケツに種付けされていた。久しぶりに激しい種追加を見た。

朝は、以外に交尾している奴が多いと思った。朝立ちのちんぽをねらって受けが徘徊し、行為に及ぶのだろか。今回はデブデブもいたが、以外にデブ細の組み合わせもかなり見かけた。6階に待機するデブが意外に細たち目当てで、それを知っている細たちがきているのかもしれない。

  1. 2017/04/16(日) 13:32:00|
  2. 発展場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

足!!!センター

2階の広間にいくと中は電気もついてはいなく、薄暗い。見回すとテレビの前で、寝てる奴に跨がったている奴がいる。俺は窓際の椅子に腰掛け、二人の様子をみた。上にいる奴のケツにチンポが入っている。やっぱここはスゴい。寝ている奴は全裸、その上に跨がる奴は上半身にシャツを着ただけで、腰に巻いていたバスタオルは外しておいてある。ケツを上下させながら二人は交尾にふける。ケツ穴に出入りするデカマラが丸見えだ。俺が見ているのは眼中にないらしく激しくケツを突き上げた。そして。


階段を降りて下の休憩室にいく。照明は消されたまま、暗い中にストーブの薄明かりが中にいる人達を照らす。リクライニングの椅子の上では三組の全裸の男達が交尾の最中であった。
そこここで卑猥な音がと喘ぎ声がひびき、最後は出して終え、風呂場に移動していった。気がつくとかなり時間がたっていて、やれずに俺は出た。
その足で桐生のゆ!!に行った。
  1. 2017/02/04(土) 17:59:34|
  2. 銭湯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
次のページ